2010年05月11日

<御殿場女性遺体>元夫が殺害認める供述(毎日新聞)

 静岡県御殿場市萩原の空き家の物置から同県伊豆の国市中、久松紘子さん(26)の遺体が見つかった事件で、元夫(43)=詐欺罪で起訴=が久松さん殺害を認める供述をしていることが捜査関係者への取材で分かった。元夫は「遺体を物置に置いた」とも供述しており、県警御殿場署捜査本部は元夫を近く死体遺棄容疑で逮捕し、殺人容疑でも詳しく事情を聴く。

 捜査関係者によると、元夫は「(遺体処理のため)ビニールシートと粘着テープを購入した」とも供述しているという。遺体が見つかった家には前妻ら家族と住んでいたが、昨年6月に離婚。同10月に久松さんと再婚し、同県清水町で一緒に暮らしていた。

 しかし久松さんは今年2月上旬に県東部児童相談所に夫(当時)の暴力について相談、同月下旬から行方不明となっていた。元夫は3月に清水町に離婚届を提出。4月に振り込め詐欺事件で逮捕・起訴された。【山田毅】

【関連ニュース】
御殿場女性遺体:元夫の暴力、2月に児相に相談
女性遺体:「物置に置いた」元夫が供述 静岡・御殿場
静岡死体遺棄:遺体の女性は窒息死の疑い 殺人の可能性
死体遺棄:元夫と同居のマンション捜索 静岡
死体遺棄:空き家の物置に26歳女性…2月から不明 静岡

雑記帳 五十鈴川の伏流水使った「横丁サイダー」人気(毎日新聞)
[静か過ぎる対策]笹川盲人会連合会長「企業として努力されたのだと思う」(レスポンス)
御柱祭 柱から落ち2人死亡 長野・諏訪大社(毎日新聞)
拳銃?強盗、1・3億円奪う 千葉で2人組(産経新聞)
子ども手当、現物給付も=消費増税は4年後実施−民主の参院選公約案(時事通信)
posted by イシモト トシアキ at 04:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

愛されなかった過去 親への憎しみが自分の娘に(産経新聞)

 わが子を虐げてしまうのはなぜか。専門家の間では、虐待を引き起こす親には4つの要素がそろっていることが指摘されている。

 「多くの親に子供時代、愛された体験がないこと」

 「経済不安や夫婦不和、育児負担など生活にストレスが累積していること」

 「心理的、社会的に孤立していること」

 「望まぬ妊娠や育てにくい子など、親にとって意に沿わない子供であること」

 連載の第1回で紹介した、3歳の一人娘をどうしても愛せないと苦しむ東京都の主婦、秋山美樹さん(36)=仮名。彼女は8歳のときから継父に性的虐待を受けてきたという。

 「妊娠して、子宮が毎日大きくなるにつれ、初めて虐待を受けた子供のころを思いだした。おっぱいが張ってくると、『小さいころに触られたおっぱい』と意識してしまった。娘が生まれても『何? このサルみたいなしわくちゃの固まりは』としか思えなかった」

 虐待の記憶があふれ出てどうしようもなくなり、記憶を絵に描くことで心を静めたこともあったという。

 秋山さんは「本当は子供を持ちたくなかったが、女として1人は産みたかったし、世間体もあると思った」と話し、こう続けた。

 「自分の親への憎しみ、自分が愛されなかった寂しさから、娘に『なぜお前だけは愛されないといけないの?』と怒りや憎しみを抱いてしまう。秋田の連続児童殺害事件を起こした畠山鈴香(受刑者)っていましたよね。私は、娘を橋から突き落としたとされた、あの人の気持ちがよくわかる気がする」

 ■虐待者3割「連鎖」

 子供時代に虐待を受けて育ち、やがて自分も親になったとき、わが子を虐待してしまう−。虐待の「世代間伝達(世代間連鎖)」と呼ばれ、虐待する親の3割に当てはまるといわれる。

 頼るべき親から踏みにじられ、自分がかけがえのない存在だという「自己肯定感」を持てずに育った結果、わが子さえ肯定できなくなる母親。親から「しつけ」と称して暴力を振るわれ、自分が親になったときにも暴力でしか問題を解決できなくなる父親たち…。

 茨城大学の数井みゆき教授(49)=発達心理学=は「虐待は、外部が何も介入しなければほぼ確実に連鎖する。3割にとどまっているのは、多くの人が成長の過程で、外部の大人たちから自然にさまざまな援助を受けているからだ」と指摘し、こう述べた。

 「ならば、適切な援助により連鎖は減らせるし、早期にきちんと介入すればゼロにもできる。それをしないのは社会の怠慢、ネグレクトというほかない」

 ■夫が「ネグレクト」

 ネグレクトされているのは子供たちだけではない。

 秋山さんの夫は生命保険会社に勤め、経済的に不自由はないが、帰宅後も米国公認会計士の資格を取るための勉強に没頭、子供や家庭に目を向けないという。

 5歳の長男に虐待を続ける千葉県の主婦、柴田かえでさん(23)=仮名=は18歳での出産だったこともあり、おむつのつけ方も母乳の与え方も分からなかった。げっぷをさせることができず、母乳を戻してギャーと泣くため、どうしようもなくて救急車を呼んだこともあったという。

 柴田さんは「たとえば、夫に『はい、はい』と聞き流してもらうだけでも、ずいぶん気持ちが楽になったはずなのに」と話し、祈るようにこう訴えた。

 「それでも夫がいるだけでぎりぎり子供を殺さずにすんでいる。友達も支えてくれている。本当に親身に話を聞いてくれる人が必要だと思う。誰かがいてくれることが大切だと思う」

【関連記事】
息子の目は鬼でも見るかのようだった…止まらぬ虐待
6カ月長男虐待の父「ベッドから落ちた」 妻らに言い訳
「かっとなって」3歳の娘を母親が虐待、意識不明に
大阪の2歳虐待死 子供の愛想笑いに怒りか
門真の2歳児虐待 母も認識?少年問いつめる
外国人地方参政権問題に一石

<ISS>女性4飛行士の写真を公開 同時滞在の新記録(毎日新聞)
スーダンに陸自ヘリ 政府、派遣を検討 PKOで初 (産経新聞)
討論 郵政改革案 岸博幸氏「民業圧迫は許されない」(産経新聞)
りそな銀退職者、年金減額が確定 最高裁が上告不受理(産経新聞)
歌人 中川菊司氏死去(産経新聞)
posted by イシモト トシアキ at 00:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

男児専門ポルノサイトを摘発=全国初、「少年愛広めたかった」−埼玉県警(時事通信)

 男児のわいせつ画像を撮影し、ホームページで閲覧できるようにしたなどとして、埼玉県警少年捜査課などは15日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、川崎市中原区中丸子、デザイナー小林葉介容疑者(29)ら4人を逮捕した。同課によると、男児専門のポルノサイトが摘発されるのは全国で初めて。小林容疑者は「少年愛を広めたかった」などと、容疑を認めているという。
 逮捕容疑では、小林容疑者らは昨年12月9日、川崎市内のホテルで東京都内の少年(13)に現金1万2000円を渡し、わいせつな行為を撮影して児童ポルノを製作したなどの疑い。 

【関連ニュース】
女子トイレ侵入の教諭再逮捕=高校生にみだらな行為し撮影
東京消防庁消防士を逮捕=夜行バスで強制わいせつ
銃剣持ち出し倉庫で保管=わいせつ行為で逮捕の自衛官
小6にわいせつ容疑、消防士逮捕=「たくさんやった」被害届10件超
4都県警と鉄道会社連携=15日から痴漢対策強化期間

拠点アパートに大量の薬物 覚醒剤密売のイラン人の男3人を逮捕(産経新聞)
妻殴られ重体に、傷害容疑で67歳夫を逮捕(読売新聞)
サル逃げた東山動物園改修「元気な姿見に来て」(読売新聞)
<雑記帳>うれしいな、さっちゃん JR船橋駅(毎日新聞)
ノーベル賞下村さん、母校にメダル=「元気を出して」とレプリカ展示−長崎大(時事通信)
posted by イシモト トシアキ at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。