2010年05月27日

地域の介護従事者の地位向上、待遇改善を―ワーカーズコープ連合会(医療介護CBニュース)

 日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会はこのほど、地域での介護を担う「ケアワーカー」の社会的地位の向上や待遇改善などを盛り込んだ介護保険制度への提言をまとめた。2012年度の制度改正への反映を目指す。提言は今後、厚生労働省などに提出する方針。

 提言では、ケアワーカーを介護予防、要介護者の支援、看取りを総合的に担い、地域での支え合いを構築するコーディネーターと位置付けた。これにより、ケアワーカーの社会的な地位を高め、待遇の改善を図ることを求めている。

 また、制度を「予防重視型」に転換することを掲げ、要介護1、2の高齢者が介護保険で十分なサービスを受けられない場合は、自治体の高齢者保健福祉事業につなげて自立回復を目指すとした。要介護3以上の高齢者についても、重度化の予防に取り組むべきとした。就労機会や「生きがい」の創造など、高齢者の社会参加を支援する施策の必要性も明記した。

 さらに、高齢者が住み慣れた地域で暮らすため、小規模多機能型居宅介護事業所の整備や、訪問介護や訪問看護、訪問診療などのサービスが24時間体制で提供される仕組みが必要とした。また、家族に依存した介護からは「決別」し、同居家族がいる場合の介護保険の利用制限を取り払うことも盛り込んだ。

 同連合会は、介護保険の利用者やその家族約1500人に対してアンケートを実施し、昨年10月に提言を発表。その後、現場の介護従事者や学識経験者、地域で高齢者の支援を担う市民ら約400人を対象に実施したアンケートの結果を反映させ、改めて提言をまとめた。


【関連記事】
孤立する高齢者、地域でどうケアする?
要介護者や家族が長妻厚労相や山井政務官と意見交換
介護予防チェックリスト、実施率は約3割―厚労省調査
介護保険の「制度外サービス」、65%が制度の補完に利用
2025年、地域で高齢者支える仕組みを―田中慶大教授

28日以降に内閣不信任案提出へ「首相は軽薄で不勉強」 自民、大島氏(産経新聞)
<児童ポルノ>発見直後に遮断 政府WG「現行法で可能」(毎日新聞)
<データ誤消去>別の証拠も判読不能 福島地裁郡山支部(毎日新聞)
カビ・クモで会場変更の仏像展、国宝お目見え(読売新聞)
埋却地提供「できる限り協力」=口蹄疫で、基地周辺用地―防衛省(時事通信)
posted by イシモト トシアキ at 10:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。