2010年05月29日

北朝鮮向け不正輸出 「徹底取り締まれ」 政府決定受け 警察庁長官が指示(産経新聞)

 政府が、第三国を迂(う)回した北朝鮮との不正輸出入の防止措置を強化する方針を閣議決定したのを受け、警察庁の安藤隆春長官は28日に開いた全国警察本部の警備課長会議で、「(不正輸出などの)違法行為の取り締まりを徹底されたい」と指示した。

 安藤長官は北朝鮮情勢について、金正日総書記の健康や後継者問題などから「混迷の度合いを深めている」と指摘。「わが国との関係でも工作能力を維持している」と述べ、関連情報の収集と分析の強化を求めた。

 また拉致事件については「国民の生命、身体に危険を及ぼす治安上極めて重大な問題」としたうえで、「着実に捜査を積み重ねていくことが重要」と強調。拉致の可能性が排除できない告訴・告発や相談などについても「改めて捜査を推進していく必要がある」と述べた。

 一方、6月から11月にかけて日本各地で開催されるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)については、公共交通機関などの警戒警備を徹底し、会議を狙ったテロや暴動を未然に防止するための情報収集・分析の徹底を指示。海外からのテロリストの侵入などを防ぐことも要請した。

【関連記事】
北が重火器、韓国は潜水艦訓練 強まる偶発的衝突の懸念
「同化せぬ移民」別世界の危険性
北朝鮮が各国に潔白主張か 哨戒艦沈没
やまぬ北の暴走 歩み寄る中韓
軍事的圧力も 米国人に結束呼びかけ 米大統領、新安保戦略で
iPadが上陸

新会長に黒岩氏―医学部長病院長会議(医療介護CBニュース)
<ローラー子供靴>転倒事故が急増…生活センター注意喚起(毎日新聞)
<卒業危機>生活福祉資金貸し付け、総額2億5576万円に(毎日新聞)
日米合意に「辺野古」なら福島氏、閣議で署名せず(読売新聞)
北九州の生活保護訴訟、控訴審も市が敗訴(読売新聞)
posted by イシモト トシアキ at 06:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。