2010年01月23日

おじいちゃん、おばあちゃんの孫への援助は年間75万円(産経新聞)

 サンケイリビング新聞社発行の育児情報誌「あんふぁん」は昨年5〜6月、全国の3〜6歳の幼稚園児を持つ女性計246人に、祖父母世代からの年間の経済援助についてアンケートを実施した。

 調査結果によると、祖父母から園児を持つ父母への金銭的援助は平均74万7526円。援助を受ける機会としては、(1)七五三(1万9341円)(2)旅行代(1万6301円)(3)誕生日祝い(5146円)がトップ3。金額で最も多いのは不動産購入時の頭金で、最低30万円、最高1500万円だった。

 援助額を祖父母の家と園児の家との距離でみてみると、「父親の祖父母が近く、母親の祖父母と離れている場合」が約94万円で最も多かった。「両親の実家双方が近い場合」は約46万円で、「母親の実家に近く、父親の実家が遠い場合」は約18万円と低めだった。

 同社は「母親の実家は金銭的援助と同時に、子供の世話や育児相談などで子育てをフォローしているのでは」と分析している。

【関連記事】
お年玉、相場は「年齢÷2×1000円」 
加藤清史郎くん、お小遣いは「週80円」
鳩山首相に告ぐ 国民の声「金銭感覚あきれた」
どんな夫婦? 高岡蒼甫、宮崎あおいに「お小遣いもらう」
理想の「いい夫婦」は4年連続で「三浦友和・山口百恵」

菅家さんテープ、報道機関に複製配布へ(読売新聞)
“大地震起きる”うわさの余波…防災意識、一気に高まる!?(産経新聞)
「地域の神様」「単なるお守り」=雅楽、みこの舞いも−市有地の神社・政教分離訴訟(時事通信)
「本国と連絡取れず」ハイチ駐日大使が会見(産経新聞)
<鳩山首相>「小沢氏聴取判断、ご自身で」(毎日新聞)
posted by イシモト トシアキ at 13:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネット提言に関心=「まじめな提言多い」−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相が、昨年末から始めた会員制登録サイト「ツイッター」などの読者からの提言に関心を持っていることが分かった。内閣参与の平田オリザ氏が19日のインターネット関係の政府の会合後、記者団に明らかにした。
 首相はツイッターのほか、今月からはインターネット上でブログを始め、公務の感想などをつづっている。平田氏によると、首相は「まじめな提言が多いので、くみ取っていけるものはくみ取っていきたい」と語っているという。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
枝野補佐官、発令は4月以降=鳩山首相
鳩山首相、ダボス会議出席見送り=国会日程など考慮
小沢氏聴取、早期実現を=民主に慎重対応求める

桑田真澄さん父、火災で死亡(産経新聞)
地域での介護、「保険だけでは収まり切らない」―宮島老健局長(医療介護CBニュース)
ほかにも子ども2人死亡=信者夫婦逮捕の宗教法人−医療放棄事件・福岡(時事通信)
浅川マキさん ホテルで急死 67歳 名古屋公演で滞在中(毎日新聞)
寒波 北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析(毎日新聞)
posted by イシモト トシアキ at 05:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。